RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

かとうデンタル院長のお知らせブログ

葛飾区青戸にある歯科医院“かとうデンタル”院長からのお知らせです!
長寿歯科健康診査
JUGEMテーマ:健康


 葛飾区内在住で昭和13年4月1日から昭和14年3月31日生まれの方が受けられます。

現在電話予約受付中です。


かとうデンタル
東京都葛飾区青戸3-37-6-2F
京成線青砥駅徒歩1分
御予約専用電話 03-5680-2738
http://kato-dental.net
| 医療 | 00:14 | - | - | - | - |
ウェルデンツ義歯について
当院取扱中のウェルデンツ義歯について、お問い合わせが多いため、取り急ぎ記載致します。

ウェルデンツ義歯の特徴は、比較的薄く制作でき、細菌の付着が少なく、金属のバネを使用しないため審美性に優れ歯への負担が少ないこと等が挙げられます。

現在使用されている義歯の不満を解消するための一手段とお考え下さい。

当院では、ウェルデンツ義歯以外にも保険外義歯があり、それぞれ特徴が異なります。
現在感じておられる不満が解消できるかどうか、診査診断が必要で、その他の治療が必要になる場合もあります。

保険外義歯の費用に関しては、一つ一つ設計が異なり、型の取り方から異なってくるため、はっきり申し上げることが困難です。
当院では、保険外治療を行う場合、事前に治療計画と見積を作成致します。

| 医療 | 17:49 | - | - | - | - |
成人歯科健診(平成24年度)
今年度から申し込みによる受診受付は、無くなりました。

葛飾区在住の、
40-45-50-55-60-65-70 歳の方
全員に、葛飾区から受診票が送付されます。

健診実施期間は、
9/1〜11/30
です。
| 医療 | 15:16 | - | - | - | - |
歯周病がHIVを活性化
2009年2月11日毎日新聞より

 歯周病の病原菌が作り出す酪酸が、潜伏しているエイズウイルス(HIV)を活性化させエイズを発症させる恐れのあることを、日本大学の落合邦康教授(口腔(こうくう)細菌学)らが突き止めた。米国の医学系専門誌に3月に掲載されるという。

 歯周病が糖尿病や心臓疾患などに影響を及ぼすことが近年わかってきており、今回の結果は歯周病がさまざまなウィルス疾患に影響を及ぼす可能性を示すものだと思います。
 全身の健康のために、口内環境を整えることが大切です。

かとうデンタル
東京都葛飾区青戸3-37-6-2F
京成線青砥駅徒歩1分
御予約専用電話 03-5680-2738
http://kato-dental.net
| 医療 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
入れ歯の汚染
毎日きれいに使用している入れ歯も、その材質上どうしても細菌が着きやすい欠点があります。
入れ歯に着く細菌として有名なものとしてカンジダ菌があります。これは健康な方でも口の中に存在する菌ですが、量が増えすぎると口腔カンジダ症という病気になる場合があります。
また呼吸器疾患や尿路感染、髄膜炎の原因菌も入れ歯から検出されています。
当院では入れ歯を使用されている方向けのケアメニュー(要予約)のなかで、入れ歯の洗浄殺菌を行っています。
義歯プロ洗浄
入れ歯専用殺菌剤を用いて超音波洗浄器にて洗浄除菌中
| 医療 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4月歯科保険診療改定
2008年4月より、保険診療が改定されます。
今回は大幅な改定となる予定ですので、当院もその改定にあわせて診療システムを順次変更致します。
あくまで予定ですが、現在の問診表を2部構成にし、『診療申込書』と『問診表』に致します。実際の流れですが、初診時にまず『診療申込書』の記載を行って頂きます。記載の終わった『診療申込書』を窓口に御提出後、『問診表』の記載を行って頂く形式となります。4月の段階で再診の方も『診療申込書』の記載をお願いする予定ですので、ご協力お願い申し上げます。
また、歯科保険治療は、痛みや不具合のみを治療するものではなく、口全体の状態を改善するものであるため、原則初診日は治療計画立案のための検査のみ行い、治療は応急処置のみ行います。
| 医療 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
歯周病と舌癌の関連性
ニューヨーク州立大学バッファロー校とロズウェルパーク癌研究所の共同グループの発表によると、
歯周病を有する方は歯が植わっている骨が1mm減るごとに、舌癌の発生リスクが5.2倍増加している
ことが明らかになりました。
気づかないほどゆっくりと進行する歯周病。症状が現れる前に検査を行い、早期治療と予防処置が大切です。
症状が現れ、歯を保存することが困難になってから保険による治療を行うか,症状が現れる前に予防処置を定期的に受けられるか,どちらがいいのでしょうか?
| 医療 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
詰め物、被せ物の本当の問題点
むし歯の治療で、比較的大きな詰め物や被せ物をするとき、型を採ってから行います。
採った型から模型を作り、その模型上で詰め物や被せ物を作ります。
そして出来上がった詰め物、被せ物を歯科用セメントで歯に接着します。

歯科用セメントには現在数多くの種類がありますが、半永久的に壊れないセメントはありません
保険外のオールセラミックなどに使用されるセメントは硬く丈夫ですが、それでも『一生もつ』といえるものではないのです。

『いつかは壊れるセメント』ですが、急に壊れるわけではありません。
お口の中で少しずつ崩壊していきます。
これは現在ではどうすることもできません。(将来は崩壊しないセメントもできるかもしれませんが…)

セメントが崩壊した所はスペースが空き、細菌が繁殖します。その場所にご自身の歯が露出していれば、むし歯になる危険性が高まります。しかも徐々に崩壊したセメントによるスペースは、詰め物や被せ物の下に小さく存在するため、とても歯ブラシ等で清掃することはできません。
気付かないうちに、詰め物や被せ物の下でむし歯が進んでしまう恐れがあるのです。

当院では保険外の詰め物や被せ物を行う際、歯の表面に硬い被膜を作る処置を行います。

この方法により、詰め物や被せ物の下にできるむし歯を抑制することができます。
| 医療 | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
金属の詰め物、被せ物の問題点
メタルクラウン
保険の治療でよく行われている金属の詰め物や被せ物。
これらは口の中に接着される前に必ずよく研磨されます。
よく研磨された金属は容易に溶けることはありません。(特に卑金属は研磨によって表面にベルビー層という解けにくい性状となる)
しかしながら、接着面は研磨できません。
接着面と歯の間に介在するセメント(接着剤)は経年的に必ず劣化し、溶け出します。
つまり、いずれ研磨されていない面が唾液にさらされ、金属イオンが口の中に溶出してくるのです。
全ての人がこの影響で金属アレルギーなどの問題が生じるわけではありませんが、あまり金属をお口の中へ入れたくはないというのが私の考えです。
保険の治療は確かに安いので、日本人は銀歯の方が多いですね。
アメリカに留学した女性が、ボーイフレンドに「どうして銀歯を入れてるの?」と聞かれたと学生時代に聞いたことがあります。
見た目にも健康にもマイナスな治療が、日本では一般的に行われていることは少し悲しいですね…
ホワイトクラウン

*金属の中でもチタンは非常に安定した被膜を持つため、歯科治療材料として良いものと言えるでしょう。
| 医療 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タミフルの代替薬
インフルエンザの治療薬として使用されているタミフルですが、副作用問題で使用にためらいを感じている方が増えています。
タミフルの代替薬として、漢方薬の麻黄湯(まおうとう)を使用している医院があるそうです。
麻黄湯はもともとインフルエンザに適応があり、タミフルよりも熱を下げる効果が高い結果もでているようです。
ただし小児の安全性は確立されてないので注意が必要です。
| 医療 | 18:31 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |