RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

かとうデンタル院長のお知らせブログ

葛飾区青戸にある歯科医院“かとうデンタル”院長からのお知らせです!
<< インプラントの1割以上に骨吸収 | main | 計画停電(輪番停電) >>
子供用フッ素歯磨き粉は効果弱
JUGEMテーマ:健康
 
 イギリスの学術雑誌Evidence Based Dentistry 2010年11月号に掲載された情報です。
 
 日本で販売されている一般的な子供用のフッ素入り歯磨き粉のフッ化物濃度は500ppm程度のものが多いのですが、情報によると、永久歯萌出までの間に使用される歯みがき粉の中に含まれるフッ化物の濃度が500ppm程度ではむし歯予防効果が薄く、3〜5歳児までを対象とした場合、1,000ppm以上の濃度で予防効果が確かめられたとのことです。また、6歳未満の小児に対してはリスクを考慮して、むし歯予防効果とリスクとのバランスを取る上では、フッ素濃度1000ppmかそれより若干濃度の濃い歯みがき粉を使用することが望ましいと報告されています。

 日本で購入できるフッ素入り歯磨き粉のフッ化物濃度は1000ppm以下ですので、子供用と大人用でフッ素入り歯磨き粉を使い分けることは、あまり意味が無いことかもしれません。


かとうデンタル
東京都葛飾区青戸3-37-6-2F
京成線青砥駅徒歩1分
御予約専用電話 03-5680-2738
http://kato-dental.net
| 予防歯科 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.kato-dental.net/trackback/1355845